教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
宿題の目的は、授業内容の復習にあります。授業で習った事を演習する事により、知識の定着を図るためのものです。又、理解不十分な学習内容の箇所を明確にし、具体的な解決の必要な学習部分の把握が目的となります。
一口に宿題をすると言っても、そのやり方は様々です。類別すると次元の高い順番に次のようになります。

 1.学校のクラブ、習い事、用事、趣味を満足のいくところまでやり何を犠牲 にすることもなく、全ての宿題がきっちりできている。
 2.やりたい事を犠牲にしてしないといけない宿題をきっちりとできている。
 3.ぎりぎりまで放っておきばたばたと宿題をやり夜遅く、又は提出間際に 何とか完成させている。
 4.しないといけないのは分かっているが、時間が無く全てはできずに中途 半端に終わっている。
 5.しないといけないのは分かっているが、時間が無く全くしなかった。
 6.宿題が出ていることに気がつかなかった。

単に宿題をしているか、中途半端か、できていないかの類別のようですが、生徒の皆さんの物の考え方、捕らえ方、ひいては人格にも触れる部分を感じます。「約束を守る責任感」「するために必要な計画性」「上手な時間の使い方」「しにくいことでも大切な事はやれる意志の強さ」等宿題忘れの中に潜む子供の将来の社会生活に無くてはならない能力の欠如は、その解決に向けて努力するべき重大な課題です。
教学院では、宿題忘れは、居残り指導を受ける事になります。先に述べた重大な課題である内容について、単に宿題を忘れたから残されるという意識ではなくその真意を伝える居残り指導を実践しています。
# by kitt-806 | 2005-03-27 16:42

塾の開始(塾選び)

そろそろ新学年に向けての準備の時期を迎えています。各進学塾では来月より新学期を開始して、一足早い新学年内容の授業を開始します。これから塾を開始する皆さんには、塾選びの時期を迎えています。通塾時間、塾の内容、費用、進学実績等様々な選択理由の中から最もご本人にあった塾を選ばれる事と思いますが、忘れてはいけないのが、ご本人の通われる学校の現状を踏まえた塾の開始の必要性の認識ではないかと思います。保護者の皆さんの声に「もう少し学校がしっかりしてくれれば、塾は必要ないのに」があります。現在の公教育は、ゆとり教育から生まれた学力低下が深刻な影を落とし、学級崩壊が当たり前のようになり、学校での日々の教科指導が子供達に浸透しにくいのが現状です。授業中に教室に入らない、廊下を自転車が通行、教室内でつばを吐く、紙くずや飛行機が教室内を飛び交うという信じられない光景が学校の日常にはあります。先生は生活指導に追われ、疲れ果てた毎日の中で、積み重なるストレスで体調を崩し、精神的にも追いつめられた現状が少なくは無いようです。それでも学校生活の毎日は日々過ごされていくのです。そんな日常で子どもたちが過ごす時間の大半があるのですから、健全な勉学への取り組みは公教育の場からは生まれないというのは、言い過ぎでしょうか?今こそ塾は、それぞれの建学の精神と独自の教育理念を掲げ、理想の教育環境を実現するべく、頑張らなければなりません。営利追求のための進学実績ばかりを追い続けるのではなく、子どもたちひとりひとりを正しく育む一役をしっかりと担って行けなければなりません。知識の切り売りと詰め込みだけを考える塾は、今の時代には時代遅れであると思います。子どもたちを勉学への取り組みを通して、正しい学習姿勢と正しい考え方を指導できる塾をどうか保護者の皆さんには選んで頂きたいと思うのです。
# by kitt-806 | 2005-02-16 13:11 |

受験生諸君頑張れ

高校入試まっただ中です。受験生の皆さん、極度の緊張感と不安の中で心中察するところ本当に大変でしょう。今まで自分の目標に向かってまじめに精一杯努力して来た皆さんには、大丈夫です必ずや目標を達成することができると信じて下さい。また、自分に関わった全ての人に心から感謝しましょう。精一杯の結果ですから、合否の結果に対しては、もしだめでも周囲の者は、本当に良く頑張ったと心から思います。また、自分自身でも自分のことを誉めてあげて下さい。そして気持ちを切り替えて、第2志望の高校で頑張ることです。もし悔しい思いをしたのならば、進学するその高校でそのエネルギーを爆発させて、より良い自分の姿を目指して日々明るくそして元気に、素直にやるべき全ての事に取り組んでいきましょう。受験準備の中でしっかりと身に付いた事が、必ずや生きてきます。合否の結果はあくまで既成の一時点における他の判断ですから、自分の成果を推し量るものではありません。身に付いたものは、これからの自分に必ず役立つものとなり、お金では買えない財産となっています。どうか安心してこれからの自分をさらに高めていけるよう精進努力を続けましょう。最大の可能性が現在の自分自身には秘められています。将来の夢に向かって突き進んでいきましょう。
# by kitt-806 | 2005-02-12 21:54