教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

受験生の皆さんへ

受験生の皆さんへ

A高校の合格可能性は70%、B高校は50%だから、B高校の受験は怖い。A高校にした方が良いのではないでしょうか?などと言う相談を受けた時にいつも思います。何を根拠に70%の合格可能性と言われたのか?また、誰が言った可能性なのか?さらに、50%の合格可能性って、要するに五分五分の合格可能性って、合格の可能性が全く分からないと言う事ではありませんか?もっと言えば80%の合格可能性という場合は、20%の不合格の可能性が有るんですよね。

こんな可能性の合格予測でどうしたものかと悩むのはもうよしましょう!自らが魅力を感じる高校、志しを持てる高校に対して、可能性が少しでもあるのなら、最後まで諦めずに、合格する事を信じて、受験を目指して下さい。当日の入試で合格点を取れば合格するんですから。そう、合格点を取ればいいんでしょ。
全く勝負にならない受験になる時は、先生が止めます。そうで無い限りは全力で合格を目指して最後まで最善を尽くして下さい。
by kitt-806 | 2017-06-29 10:20

『定期試験対策勉強』

【心構え】○最大限塾を活用する。勉強会や自主勉強、補習等最大限塾を利用する。○自由になる時間は全てテスト勉強に充てる。○一週間前から計画表を作成し計画的に勉強する。○平日の夕方の時間帯、休日の午前中、午後の昼間、試験中の午後のお昼間の時間を全てテスト勉強に充てる。○分割睡眠、午前1時以降の深夜の勉強はしない。○出題範囲を熟知して出題傾向を理解して勉強する。○友達と一緒にやるテスト勉強は、絶対にやってはダメ。(雑談してオヤツ食べて終わりになる可能性大)○提出課題は、普段から少しずつ進めておき、提出期日直前になってバタバタしないようにする。

【勉強方法】
数学→出題範囲内の全ての教科書内に登場する問題を解き直す。とにかく問題を解いて間違いの原因を分析究明する。

理科、社会→暗記事項は、暗記できたかどうかをテストして必ず確認する。問題集ワーク類は答えを、直書きしないで別紙に書いて丸つけ間違いなしを繰り返す。

英語→教科書内本文を全て和訳して、英作できるようになる。

国語→普段の授業中に先生の説明をとにかくわかりやすく教科書内本文に書き込んでおく。そして試験前教科書をしっかり読む。漢字語句の暗記は当たり前。

by kitt-806 | 2017-06-23 08:37

本当の勉強!

熟考する受験生。教学院オリジナルの解説プリントを見て、何故そうなるのかを徹底的に考える。そして、熟考の末の質問。担当からの明確且つポイントをついた説明が脳細胞にしみ込んでいく。これぞ身になる勉強。これぞ本当の勉強。決してやらされている勉強ではない。分かったふりをする偽りの勉強ではない本物の勉強!
c0039857_09291725.jpg


by kitt-806 | 2017-06-19 08:16

本当の勉強 その1

c0039857_11100517.jpg

「先生、教えて下さい。」個別強化補習日の一コマ。数学の平面図形の質問だった。本人が使用する問題集の質問箇所を見てビックリした。熟考に熟考を重ねた様子がひしひしと伝わる何度も書き直した図への補助線、説明書きがそこにはあった。図への書き込みが多すぎて元の図がわかりづらいので一旦消しゴムで本人が書いた書き込みを消して、やっと元の図が現れた。そして、説明を、始めた。「回転した長方形なので、この辺とこの辺は等しいよね、よって、この三角形は二等辺三角形になるね。二等辺三角形の底角は等しいのでこの角とこの角は等しいね。又、隣の角の大きさは90度からその角を引いた角になるので、、、ってなるわけね」「なるほど〜、わかりました。なるほど〜、だからや、」驚きと感動、わかった喜びが伝わってきた。ホントに嬉しそうだった。本人は、ホントに必死に考えたんだと思う。あーでもない、こーでもないと悩みに悩んだあげくの質問そして解答解説だったんだと思う。これこそが本当の勉強、悩み抜いたあげくの理解なのでしっかり身に着く学習内容となった。この理解は、新たな設問を解答していける学力に間違いなく成り得たと感じた。
by kitt-806 | 2017-06-18 08:51
c0039857_09164662.jpg

H30高校入試に向けての進学説明会が行われました。約1時間の会でしたがお陰様で大変実のある説明会になりました。

塾長北村より大阪公立高校入試のシステムについて、また、教学院での今後の進学指導について、また、担当の藪内から夏期行事の中身について説明させて頂きました。最後に学院長北川から受験勉強の心得を幾何の問題を例にお話させて貰いました。

ほぼ全員の保護者の皆さんと塾生の皆さんにお集まり頂き心より御礼申し上げます。

教学院の受験生全員の皆さんにより良い受験を実現してもらえますよう、スタッフ全員で全力でサポートさせて頂きます。今後ともご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。
by kitt-806 | 2017-06-13 09:00