教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

嘘か本当か?この事を知っているのは当の本人だけという事が勉強している中では大変多い事になってしまいます。そんな風にお話しても分かりにくい話となってしまいますので、再現ドラマ風に説明させて頂きます。

休みの日のリビングの光景、子供は、寝そべりダラダラとテレビを観ている。その姿をじっと我慢して見ていた母親、たまらず子供に言った。

母「あんた、宿題やったの!いつまでもテレビばかり観てないで早く勉強部屋に上がりなさい!」

こどもは、寝そべったままテレビを見ながら、

子供「やったよ。もう全部できてる!うるさいなぁ〜。」

傍らで、そのやりとりを聞いていた父親が言った。

父「わかった、じゃあそのやった宿題のノート見せてごらん。一度確認ね、!ほら、はやく、見せてごらん。」

子供は、ドンドンとけたたましく階段を上り勉強部屋へすぐに宿題のノートを持って降りてきた。そして、父親にノートを差し出し、

子供「ほら、これ、見て!やってるやろ。ほら!」

父「空欄だらけやんか!だいたい宿題は、他にもあるんじゃないのか?他のもできてるんか?!」

子供「考えたけどわからんの!分からない問題は、おいとけって、先生言ってたし、ほんで、宿題はこれだけ、他には無い」


と、子供に言われてしまうと、もうどうしようも無いですね。

ここで考えてもらいたいのは、他には絶対にわから無い嘘を子供はつけるという事です。宿題の問題を、本当にしっかり考えたのか、それとも邪魔くさいからやらなかったのか。他にも宿題が出ているのか出てい無いのか。どうです。当の本人にしかわから無いですよね、嘘か本当か?

子供は知らなければなりません!正直に勉強そして生活する事の大切さを!人のアドバイスや忠告を素直にききそして、自分が間違っていれば反省する事が出来なければダメなことを。まずは自分の誤ちを認めなければアカンのです。反省無きところに改善なし、改善無きところに、向上なしなのであります。

自分に正直になりなさい。他にはわから無いから嘘をついて、自分の至ら無いところに目を向けないなんて卑怯者のする事です。あなた自身はわかっているはずです!それが嘘なのか本当なのかを!!!!!!




by kitt-806 | 2017-01-27 10:41 |
教学院受験生の皆さん!志望中学への全員合格、本当におめでとうございました。全員の皆さんが目指す中学に合格された事につきまして、教学院教師一同、心よりお慶び申し上げます。進学先の中学校でも「行学二道」精神を大切に勉学に励んでもらえるものと期待しています。

教学院では、間も無く小学6年生進級クラスがスタートします。現在既に6年内容を終了し小学内容の全復習が始まっていますが、間も無く本格的に中学内容(国語・数学)へ具体的に繋がる学習を始めます。

6年生の皆さんには、気持ちを切り替えて、目の前のお勉強に取り組んでいって欲しいと思います。特に、受験クラスの皆さんは、これまで目標の受験中学に向けて受験勉強に集中して来ましたが、これからは、やるべきお勉強と自分のやりたい色んな事(スポーツ、読書、趣味など)とのバランスをよく考え充実した毎日になるよう心がけて欲しいと思います。
c0039857_14242789.jpg


by kitt-806 | 2017-01-21 14:03
いよいよ明日から大阪私立中学の入学試験がスタートします。教学院の受験生の皆さん!これまで培った実力を遺憾なく発揮して来て貰える事を祈っています、

皆さんは、これまで親御さんをはじめ多くの周囲の人に支えられて志望中学合格を目指し努力して来ました。特に親御さんには、教学院での居残り勉強の時のお弁当や送り迎え、また、日頃の生活の中での心遣い等、言葉では言い表せない深い愛情を貰い頑張ってこれた事をしっかりと分かっておいて欲しいと思います。特に親御さんへの感謝の気持ちは絶対に忘れないで下さい。

受験はゴールでは有りません!受験は新しくスタートを切るための言わば「登龍門」であります。教学院で今まで身につけてもらえた「勉強のやり方」。具体的には、「本当に勉強するとはどういう事か。」「目の前の学習課題に素直に全力で取り組む事の大切さ」、「打算や損得感情の無い本当の理解の実現に向けて純粋に勉強する事の大切さ」を折に触れ教学院で学んでもらえたものと思っております。必ずや教学院で身につけて頂いたこの正しい勉強スタイルを持って、各中学校に進級されても、更に学力成績を向上させて頂けるものと信じております。又、教学院塾生に限り、良く世間で耳にするような受験終了後の「燃え尽き症候群」や「糸の切れた凧」の様な事には絶対にならないものと確信致します。

まずは明日の入試頑張って来て下さい。そして、その後もしっかりとやるべきお勉強を継続していきましょう。今度は「良く遊び、よく学ぶ」のバランスの良いところで進級準備を仕上げていって欲しいと思います。

教学院受験生の全員の志望中学校合格を心より祈願しております。吉報を心待ちにしております。ご連絡をお願い申し上げます。
教学院 教師一同
c0039857_10414873.jpg


by kitt-806 | 2017-01-13 09:00