教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

教学院「卒業式」

c0039857_23553574.jpg2月26日(土)は、教学院大東校私立専願の生徒の皆さんの卒業式でした。まだ公立受験を残す皆さんには、受験壮行会を兼ねた、卒業式となりました。一年を通して通塾状態の優秀だった生徒の皆さんへ精勤賞皆勤賞の表彰式、そして年間の優秀賞努力賞の表彰式から始まり、各先生からの言葉の贈り物、北村先生からの歌のプレゼント。そして、全員でジュースで乾杯をしました。c0039857_23561273.jpg

c0039857_23565970.jpg卒業した塾生の皆さん、本当に有り難う。先生達は君らの様な塾生を指導できたことを心から誇りに思います。教学院精神を本当に理解し、互いに助け合い励まし合って、そして仲良く、そして、皆さんひとりひとりは素直に直向きに受験勉強に勤しんでくれました。本当に素晴らしい塾生のみんなでした。心から御礼を言います。c0039857_23574367.jpg

又、三々五々来塾して御礼のご挨拶を頂戴した、保護者の皆さん、本当に有り難うございました。ご丁寧な御礼を頂戴して、恐縮すると同時に、とても嬉しい気持ちになりました。こんなにもたくさんの御礼を頂戴し、あらためて多くの保護者の皆様に支えられていたんだと強く思った次第であります。c0039857_23582695.jpg

重ねて心より深く深く御礼申し上げます。
by kitt-806 | 2011-02-27 23:58
「出来そうに無いからしない。」「出来そうに無いからさせない。」は、やろうとする子供の可能性を摘んでしまう事を知らなければ成りません。指導者は、「出来そうに無いからさせない。」とは、絶対に言ってはいけないとおもうのです。「出来そうに無い」という判断は、あなたが個人的主観で勝手に出来そうに無いと言っているだけなのではないでしょうか。

もっと言えば、その指導に大変な苦労を想像して、正直指導することに腰が引けているだけなのでは無いでしょうか?指導者、又は周りの大人は、その子供の可能性を信じて、やろうとしている子供に対しては、共に努力工夫、苦労を厭わない、前向きで、可能性を信じる気持ちが大切であろう事は当然な話なのであります。

その子供がルールを守り、前向きにやろうとする限りは、出来そうに無い事であっても、出来るようになるための指導を諦めず、知恵と勇気を持って、一緒に粘り強く最後まで取り組む姿勢を持つことを指導者は、決意しなければ成らないと思うのです。

子供達の可能性を信じて、飽くなき指導を徹底して実践する。苦労を厭わず、出来そうに無い事に対して、その出来る可能性を出来る限り広げて行けるよう努力するする姿こそが、指導者の姿であると思い知るべきではないでしょうか。時にその指導は、感動を呼ぶものになるに違い有りません。間違っても、勝手な指導者の都合で、指導できる範囲を限定してしまう事はあってはいけないと思うのです。

目標の設定レベルを指導者の都合で勝手に決めてはいけません。今よりも改善向上していける事だけが唯一大切な事であって、指導者の勝手な目標レベルを押しつけてはならないのです。そうです、目標に到達するとかしないとかは大した意味は無いのです。なぜなら指導者のその目標又はあるべき姿の設定は、指導者側の勝手な価値観と既成概念のたまものであって、実際に指導を受ける子供が望んでいる目標、又は本人の喜びの根拠となり得る成長改善の証とは一致しないのではないでしょうか。
by kitt-806 | 2011-02-23 00:07
間もなく大阪公立高校前期入試日(明後日2月23日)が、やってくる。教学院受験生の皆さんには、いよいよ第一志望の高校入試となる。特に、新設文理コースを受験予定の受験生には、厳しい受験になる事が予想される。四条畷高校文理コースは4倍に近い競争倍率となっている。かなり質の高い高倍率な入試となる事で、不安も多いところと思うが、教学院受験生の皆さんには、とにかく日頃の実力を遺憾なく発揮されることを心から願う次第である。落ち着いて、最高の集中力と気合いで、しっかりと乗り越えてきて欲しい。

又、公立後期入試第一志望の皆さんには、受験校の最終決定の時期を迎えた。予定通りの学校でいくか、それとも変更するか。変更するとすればどこにするか?又、その変更の根拠は何なのか。じっくりと真剣に考え、判断決定しなければならない。
教学院各教室では、公立高校受験校の最終決定に向けて、必要においては個別の懇談対応を行っている。遠慮無く相談して頂きたい。
by kitt-806 | 2011-02-21 11:19

思い出「合格発表」の朝

AM7:15日曜日の早朝、けたたましく携帯が鳴った。ゲゲ何かあったかと布団の中で驚きと心配で電話をとった。すると「先生合格しました。」とかわいらしい声、そう今日は大阪私立中学校入試の合格発表の日。

まさか、早朝から報告を受けるとは思って居なかった。ほとんどは午後からの掲示発表であるが、その中学校は、ネットの発表であったらしい。あまりにうれしかったのだろう。自分の名前も告げず、いきなりの報告で慌てたが、喜びを伝えたい子供の気持ちを察して、とにかく一緒に喜んだ。

直ぐに声の調子から電話の主は分かった。本人はそんなに出来る子ではなかった。要領の良い子とは言えなかった。でも人一倍努力する子だった。母親の愛情を一杯に受けた子だった。

「よく頑張ったねぇ-。よかったねぇー。」と声をかけた。直ぐに電話口に母親が出てきた。「本当にありがとうございました。先生のお陰です。」と言われた。「いやいや、ご本人は本当によくやらはった。ご本人と一緒にお母さんも、ほんまに、ようがんばらはった。」と伝えた。電話の向こうで母親は泣いていた。

自転車の後ろに本人を乗せ、毎回塾まで送って来た母親の姿が思い出された。必死になって我が子を育て守ってきた母親の姿が思い出された。我が子への思い、我が塾への思い、そんな思いに触れ、何かしら幸せな気分に包まれた。心からありがたかった。
by kitt-806 | 2011-02-20 23:24
c0039857_180371.jpg悪天候の中、小学6年中学2年生の生徒と保護者の皆さんにお集まり頂き、本当に有り難うございました。ほぼ全員の皆さんにご出席頂き、心から感謝申し上げます。

c0039857_1821780.jpg年間の表彰式、そして新学期内容の詳細をご説明しました。6年生の皆さんには中学生としての学習スタイルについて、中学2年生の皆さんには、受験勉強の中身について、又、受験準備の理想的方法と考え方について詳しくお伝え致しました。

c0039857_1812980.jpg生徒の皆さんと保護者の皆さんには本当に真剣にしっかりと説明を聞いて頂き、本当に有り難うございました。皆さんの期待とやる気に対して、充分にお応えできるよう最善を尽くした指導を情熱を持って実践して参りたいと思います。どうぞ本年度も宜しくお願い致します。
by kitt-806 | 2011-02-11 18:02
c0039857_047193.jpg来週は、いよいよ大阪私立高校の入学試験日を迎えます。教学院では、来週は各中学3年生授業日を質問日として、原則自宅学習週間に設定してあります。勿論、質問自主学習や自習で塾を利用することはOKですが、特に夜間の通塾は控えて頂き、安全面重視の設定と成っています。

本日は、私立入試前の最終の平常授業で、入試予想試験解説等の本番に直結する内容での最終授業となりました。授業終了後に学年集会を実施し、入試本番の注意事項、および心構え等を話させていただき、全員でジュースで乾杯。受験生一人ひとりに「合格切符」「合格鉛筆」をプレゼントしました。教学院受験生諸君!!全員の皆さんの吉報を心待ちにしています。がんばってきてください。
by kitt-806 | 2011-02-06 00:47

節分豆まき「合格祈願」

c0039857_12154951.jpg恒例の豆まきが行われました。今年の赤鬼、青鬼はちょっぴりバージョンアップ。私も数年ぶりに鬼のお面をかぶりました。

c0039857_12162758.jpg

c0039857_12132211.jpg


第2教室は、PM6:25頃歓喜と悲鳴の渦の中、マメが飛び交う、戦場と化しました。子供達のお陰で、鬼は退散、教室はマメだらけになってしまいました。その後のお掃除の大変な事、大変な事!!先生達は、黙々と黙りこくって掃除をしました。c0039857_1214459.jpg
by kitt-806 | 2011-02-04 12:14