教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0039857_20273754.jpg
<その1>受験勉強の中身

まずは授業命の気持ちで授業に臨もう。そして担当教師からの指示課題を素直に完璧にこなせるようにしよう。次に、自分の勉強として復習問題集と入試問題集を日々の家庭学習で地道に毎日進める。疑問点は積極的に質問する。そして試験前には丁寧な試験勉強の実行。と試験返却後の間違い直しの実行。

<その2>受験校決定の考え方

早い時期に具体的受験校を決定する必要は全くありません。学校を選ぶには選ぶことの出来る学力が必要です。選ぶことの出来る学力を身につけることを最大の目標において日々の勉強に気合いを入れていきましょう。精一杯の努力の実践を持って(すなわち最大限自分の可能性を引き出すことが最も大切なことで)具体的受験校の決定は冬の学力状況で、しっかりと学校の特徴を理解し、受験校を決定することが良いでしょう。

私立高校と前期公立高校は冬休みまでに受験校決定、後期公立高校は方針としての決定は冬休みまで、最終決定は私立高校合格発表後に決定。


<その3>なんとなく受験勉強に気合いが入らない皆さんへ

あなたが来年高校に行くことは間違いのない事実です。高校は学校によってその特色・特徴、例えば時間割、教室の雰囲気、学校設備、立地環境、クラブ活動、制服等ありとあらゆることが全く違うところです。青春期の貴重な三年間の大半の時間を過ごす場所と成るところですから、絶対にあなたにとって気に入った場所でなければなりません。それには、あなたが数多くの特色有る学校から、最も気に入った学校を選んで進学することが絶対であります。

どうせ避けられない試練であるわけですから、良い意味で開き直って正々堂々真正面から全力で受験にぶつかって行きましょう。そうです。明るく元気に全力で取り組みましょう。
姑息な根性で避けて通れるものならと目の前の勉強から目を背けても、仕方がありません。又あまりに格好悪すぎです。かっこよくいきましょう。
by kitt-806 | 2008-09-21 21:28