教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「本当の受験勉強」

 c0039857_083571.jpg自分の足元をしっかり見ること、わかっていない自分を素直に認めるところから、本当の受験勉強が始まる。本当に分かると言うことは、自分の疑問点を徹底的に煮詰めて、疑問点のエキスを担当教師にぶつけることができることを意味する。自分は分かっていないことを認めるところから本当の勉強がスタートする。

 偽りの受験勉強は、中身のないポーズだけの勉強。本当は良くわかっていないのに分かったフリをする勉強。自分の身の丈を超えた難解な問題に取り組み、取り組んだだけで満足してしまう勉強。そして、担当教師の説明を鵜呑みにしてしまう勉強。

 本当の受験勉強は、自分の能力で解くことができなければならない問題を高い確率で正解するために努力する勉強。偽りの受験勉強は、問題が解けなかった時、解けなくても仕方がない問題と諦めてしまう勉強。

 偽りの受験勉強は、有名中学・高校に入るためだけの打算の勉強。損得を意識した勉強。本当の受験勉強は、自分を磨く勉強。将来に必要な多様な知識と能力を身につけるための謙虚な勉強。

 受験生諸君!!本当の受験勉強を開始しましょう。そう簡単には納得しない、その解法に自分自身が納得のいくこだわりをもって入試問題を解きましょう。そして、純粋に疑問点のエキスを抽出し、解決する努力を積み重ねていきましょう。コレこそが実力を向上させられる学習スタイルであります。
 強い精神力を持って、ねばり強くそして元気に素直に感謝の気持ちを大切に毎日の受験勉強に邁進しましょう。
by kitt-806 | 2007-10-22 00:00
c0039857_956233.jpg 本日二十数年前の教学院卒業生の今はお母さんからお電話を頂戴しました。用件は小学4年生の息子さんを入塾させたいという内容でありました。息子さんご本人は現在別の進学塾に通っておられるようですがその進学塾の指導に疑問を感じ、昔自分が通った「教学院」に息子も通わせたいというお気持ちを聞かせて頂きました。

 正しい学習への取り組みに対する姿勢を育んでもらえない現在の塾に対する不満とお母さんご自身が小・中学校当時に教学院で学んだ「行学二道」の精神が、ご自分の人生に大きく良い意味で影響した事をお聞き致しました。現在のお住まいが遠方なため誠に残念ではありますが通塾に際しての問題があり、すぐに入塾して頂くことは出来ませんでしたが、本当に有り難いお電話で大変嬉しく思いました。

 世間一般的には当たり前のことですが進学塾と言えば進学のための塾、すなわち、進学先の入試合格レベルに到達させる為の受験指導を実践する塾と言うことになります。進学塾がその進学指導で本当に気を付けなければならないのは、その時点での子どもの能力を超えた無理な詰め込み指導によって、勉強嫌いな子ども、又は、劣等感意識の強い子どもを絶対につくってはならないところにあります。
 つまりは、子ども本来の向上心や知識欲を大切に考え、分かる喜びや充実感をしっかりと伴った進学準備を例外なく全員の塾生に対して実践することが出来る進学塾こそが本当の進学塾であることを存じていただきたいと心から強く願うところです。
by kitt-806 | 2007-10-10 00:23