教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

①学習環境の整備                                    →学習机で勉強する事は、当たり前の事のようですが、案外学習机が機能していない場合があるようです。物置に成ってしまい小学校からの今はもう使用しない書籍やプリント、又は置物が陳列してある状態は最悪と言えるでしょう。机の上のシート(下にプリントを挟む)は全くもってじゃまな存在です。すぐに不必要なものは処分し現在使用している教材書籍を正面の本棚に収納し、すっきりとした机上にするべきです。勉強は一人で孤独に取り組むことが大切です。居間のテーブル、食卓での勉強は早く卒業しましょう。   →勉強部屋に置いてはいけないものは、テレビ、ゲーム機、冷蔵庫、パソコンです。学習する場所としての勉強部屋をけじめを持って設定するべきです。                                             

②使用する文具類の整備                                →筆箱の中には、シャープペンシル2本と代え芯、色ペン(ボールペン)、消しゴム、短い定規を必ず入れておきます。入れるべきでない筆記用具は油性ペン、マーカーペン、二色以上の色ペン、鉛筆、他に必要のないもの。ノートは、必ず科目ごとに一冊ずつ用意しルーズリーフノートは使わない事。   

③自己管理の啓発                                   →自己管理の啓発が必要な場合として、ロボットのように親からの指示が無いと次の行動がとれないとか自分の持ち物の管理ができない(忘れ物が多い)、提出物が提出できない(配布された手紙が見せられない)、ものを良く無くすなどがあげられます。これは本来身につけるべき時期(三歳~五歳時期)に過度な保護や両親の都合における直接の関わりの少なさに起因する場合が多いと思われますが、遅まきながらでも今至急に対応するべき内容であることは言うまでもありません。                                                            
by kitt-806 | 2005-09-16 15:33
「質問相談ケース1」…今の成績でどのあたりの学校がねらえますか?    →現状の学力状態から合否の可能性についてその見通しをお答えする事に正直抵抗を感じます。なぜならご本人は学力向上に向けて日々努力の最中であるからです。最後まであきらめず直向きに学習に取り組み続けていくことが学力向上には無くてはならない事なのですが、現状の学力状態での特定の学校に対する合否診断は場合によっては自信喪失や実力への過信になってしまい、学習への取り組みに対してマイナスに働くことが多いと思います。常に謙虚に前向きに学習に取り組める直向きな学習姿勢を大切に考えたいと思います。                                    「質問相談ケース2」…うちの子は塾についていけてますか?         →正直申し上げて塾の学習指導に完全について来ている生徒はほとんどいません。大半の皆さんは日々の塾での学習目標に対して何とかついて行けるよう努力を積み重ねているのが現状です。生徒個人の勉強状態を少しでも改善し塾が提示している学習目標に到達するべく現状におけるギャップを埋める努力を実践するところから実力の向上が期待できるものと思いのます。                                              「質問相談ケース3」…5年生の受験コースはすでに開始されていますが、途中からでも受験コースを受講することはできますか? 今からでもまにあいますか?                                       →もちろんできます。間に合うかどうかというご質問は、何に対しての間に合うかということになりますが、中学入試において例えばA中学校に合格するために受験勉強を実践するという考え方は、場合によって大変危険な状況を生みます。すなわちA中学校に合格できたときは今までの努力は報われ、合格できなかった時は、報われないという大変短絡的な考えに陥りやすいという危険です。これは、興味を持ち向上心を持って前向きに元気に学習に取り組むという本来あるべき正しい学習姿勢から逆行し、将来に対してマイナスにはたらく危険があるという意味です。受験準備の意義をもう少し広い範囲で考え、より高い学力を身につけて進級先の中学校においての学習を円滑なものにし、より良い学習成果を目指す事がより理想的であると言えます。具体的な受験先はもう少し先送りで考えるべきである思います。すなわち伸ばせるだけ伸ばしたいが正直な意見です。
by kitt-806 | 2005-09-14 20:02