教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年 10月 12日 ( 1 )

予習とは授業を受ける下準備をすると言うことですが、下準備により授業がよりわかりやすいものになるのです。そして、予習をしない時よりも授業が楽しいものになっていく事は間違いないと思います。

全ての科目を予習する事は、時間的にも大変なので「英語」だけは毎回しっかりと予習をするというのはどうでしょう。前回授業で習った教科書の次のページにある新出単語、基本例文の意味や文法事項を辞書で下調べし、本文訳を出来る限りしておくのが良いと思います。

復習は、同様に数学だけは毎日出来るようにしましょう。数学の復習の中身とは、今日授業で解いた問題の全てを、もう一度自分の力で解き直すという事になります。

これは、初めて歩いた目的地までの道順をもう一度自分の力だけで歩いてくる事によく似ています。道すがらに見る景色や分かれ道をもう一度確認する事は、目的地までの道順を完全に覚えるために必要です。数学の実力向上は問題を自力で解く力にあります。問題を解く力を磨くために必ず毎回この復習を実践してもらいたいと思います。

by kitt-806 | 2018-10-12 07:54