教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

〈その10〉〜判断基準を変える〜

成績向上に必要な要素の一つは、間違いなく答えに対するこだわりが有る事とだと思います。なぜその答えになるのかの理由や根拠となるものを発見理解納得するまで、とことん考える事をいとわないと言う事です。

これと真逆の学習スタイルに書き写し勉強というのがあります。実はこれは勉強ではなく作業というべきとも思いますが、思考力を必要としないところで、結果を鵜呑みにする行為とも言えると思います。例えば、問題のやり直しは解説を写す、答えを写して終わり、何故そうなるのかを考えようともしないやり直しです。

これは、何に対して邪魔くさいと思うかの違いとも言える気がします。その答えになる理由をあーでもないこーでもないと考えることが邪魔くさいと思うか、それとも丁寧に綺麗に書き写す事を邪魔くさいと思うかの違いです。これは子供の持つ価値観や判断基準の違いだと言えるのではないでしょうか?

これは生徒の指向性にも関わるところとなりますが、勉強成果を上げるという方向だけで考えればどう有るべきかは、もうお分かりの通りだと思います。

よって成績向上に向けて学習指導をするということは、この価値基準の様子を勉強成果の上がる様子に変えていく事に他ならないと思うわけです。



by kitt-806 | 2018-11-21 22:48