教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー

【テスト勉強をするという事】

中学の定期考査(中間試験、期末試験、学年末試験)前は、生徒の皆さん全員が試験勉強に取り組むと思います。学校成績(学校内申)に直結するテストですから全力で取り組んで納得のいく結果にしたいものです。

英語のテスト勉強→教科書範囲ページの本文の正確な全訳と全訳から逆に本文を英作する事が出来るようになる事を目指します。
数学のテスト勉強→教科書範囲ページ内にある例題や問題設問を自力で解けるようになる事を目指します。
国語のテスト勉強→普段の授業で先生から聞いた説明内容(板書ノートや教科書本文への書き込み等)を全て確認チェックし、本文の音読をします。本文内容をしっかりと読み取る事が出来るようにして下さい。勿論新出の漢字語句、熟語を暗記しましょう。
理科と社会のテスト勉強→授業ノートや使用プリントの中身をまとめて内容を理解暗記。そして、必ず問題の演習を実行しましょう。

ポイントは、「暗記」と「しくみの理解」そして「演習」です。暗記は、自己チェック(自分作成のテストや問題演習)を行い暗記できているかどうかの確認が必要です。しくみの理解は、そうなる理由を理解する事になりますが正直これは普段のその都度に理解できるような取り組みが必要です。試験前に解決しなければならないという事にならないよう注意して下さい。

試験勉強としてやってはいけない事には次のような勉強法があります。

友達と一緒に勉強する→これほど能率の悪い勉強は有りません。殆どの時間は雑談と情報の交換で費やされてしまうと思います。

ながら勉強→音楽を聴きながら、ラジオを聴きながらの勉強は、やはり、能率が悪い勉強になります。人間は同時に二つ事をする事は出来ません。ラジオを聴いているときはラジオを聴いてますし、問題を考えている時は問題だけを考えてます。即ち勉強が寸断されて学習内容が断片的にしか取り扱う事が出来ていない事になります。

極端に深夜の勉強→昼間、夕方に仮眠して、夜間特に深夜に勉強するというのも実に能率の悪い勉強と言えます。深夜の勉強は勉強時間はせいぜい3時間が限度。試験中の昼間、夕方、夜に勉強時間を設定すればトータル8時間以上の勉強時間が設定できます。更に、成長期の分割睡眠は睡眠不足を生んでしまいます。夕方2時間寝たので昨日の睡眠時間は夜間の5時間と合わせて7時間寝たという事にはならないんです。分割した睡眠時間の前後は浅い眠りとなりますから、まとめて7時間熟睡しなければ7時間分の睡眠時間を確保して事にはならないのです。

理想の試験勉強を実現する上で必要なのは時間です。最低でも一週間前には計画表を作成して試験勉強の段取りを考えておきましょう。そして、普段の学校授業は集中した前向きなものにしておいて下さい。板書ノートが不足している、授業使用プリントや補助教材が整理されてないなどの不備が無いよう普段から心がけて欲しいと思います。

試験結果が返ってくる時、結果に満足出来る時は良いのですが、そうでない時は得点が出来なかった原因理由を素直に反省して下さい。そして、その反省を次の試験に生かしていけるようにして下さい。最も愚かなのは、同じ失敗を繰り返す事です。


by kitt-806 | 2018-10-18 08:38