教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー

【成績が伸び悩むという事】

はじめに誤解の無いようにお願いしたいのですが、生徒ご本人の持ち味や個性を批判、否定する内容では無く、あくまでも成績を向上するために必要な学習スタイルについて書かせてもらってます。

生徒の皆さん個人の持ち味は長所短所表裏一体で、場合により同じ持ち味が長所にもなり、短所にもなる事は当然と思います。例えば、「呑気な持ち味」は、小事にこだわらず大らかに物事を捉えられる事により、ゆったりとした懐の深い温かな良い持ち味と言える反面、学習姿勢という偏った側面から見れば、呑気な姿勢は緻密に計画的に学習を進める上で邪魔になる持ち味とも言えると言う事です。

学習成果をあげる上でまず必要なのは「感謝の気持ち」であると思います。感謝気持ちは「謙虚さや素直さ」に繋がります。「素直な気持ち」は、物事の結果に対して、他のせいにするのではなく、素直に「自己反省」が出来る所へ繋がって行きます。自己反省は、「自己改善」へ繋がり、学習姿勢はより良い形に変化していく事が期待できます。反省なきところに発展はありません。いかに自分の悪い所を発見認めて改善していこうとするかが大切であると思うのです。

「好き嫌いで勉強する」「損得で勉強する」これも良くありません。自分にとってやりやすい好きな科目への学習が常に優先される、又、学習内容に対してそれが自分に必要か不必要を勝手に判断するという事は、苦手科目を必ず抱えてしまう事になりますし、より多くの幅の広い知識や実力を身につける事を阻害してしまう事になります。習う側が自分の都合や判断で習う内容を区別選択するのは、良くありません、それでは、さらに次元の高いレベルでの向上を目指す事は出来なくなってしまいます。

「学習をする時間を作る」という事は、学習をしていく上で必ず必要になります。「時間がないから勉強できない」ではなく、自らの努力と工夫で勉強出来る時間を生み出さないと勉強時間を確保設定する事はできません。

「しっかり読む」「しっかり聞く」は勉強の基本です。例題、例文をしっかり見てしっかり読む、先生の説明をしっかり聞く事から勉強は始まります。「この問題の意味を教えて下さい。」という質問や、ついさっき説明した内容についての質問がなされる事について問題を感じます。

最後に「我慢する力」も勉強をしていく上で大切な力となります。世の中が便利になり、利便性や効率、簡素化や合理化が喜ばれる時代ですが、こと勉強への取り組みとなれば、毎日コツコツと積み上げていく、時間をかけた手間をかけた学習ほど成果は大きいと思います。粘り強く、諦めない気持ちで学習課題に取り組む姿勢がとても大切なんです。

少し粗っぽい言い方で恐縮ですが、わがままで自分の都合が優先する。そして、不満発言が多いタイプの皆さんは、成績を向上させるのは難しいのではと思います。

by kitt-806 | 2018-10-17 09:52