教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
教学院の個別ゼミ!!現在、4月新学期限定、W特典で新規生募集受付中です。〈大東校」

W特典、、、入会金無料➕4月週2講座無料受講

【特徴】週一回から好きな講座数を設定
              授業のキャンセル、振替、追加が自由
              大学受験準備の傾向と対策を徹底指導
c0039857_09401316.jpg




# by kitt-806 | 2019-04-17 09:35
c0039857_09451406.jpg
教学院大東校では、2019年度より中学1・2年生について「個別併用型のハイブリッド指導」を開発導入しました。

今までも集団指導形態利用の皆さんが個別を併用して必要教科の補強をする事はありましたが、この度の個別併用は、集団授業と個別指導が連携する形態になってます。

具体的には集団授業で出された宿題の解答解説を個別指導したり、別日に実施した確認試験の間違い直しを個別指導するものです。集団と個別が連携する事で塾生の皆さんの個々の事情に特化した指導が実現できる事になります。

この度の新しいハイブリッド指導は、集団指導のデメリットの「個人の学習事情を汲み取りにくい。」個別指導のデメリットの「あまりに個人のレベルとペースに合わせすぎて受験準備に間に合わない、又は、個人のレベルアップに必要な適度な背伸びが実践しにくい」の両方を解消していける画期的な指導システムとなります。

間も無く新学年初めての学校定期試験や塾内模擬試験が行われますが、その成果が大変楽しみであります。

# by kitt-806 | 2019-04-11 09:45
c0039857_21253803.jpg
卒業生の皆さん、こんにちは!小豆島の合宿講座、覚えておられますか?今も毎年欠かさず教学院の伝統行事の夏の合宿は実施されています。

当時は何百人という塾生の全館貸切の合宿講座で本当に厳しいハードな合宿だった事を印象深く覚えておられる皆さんが多いかもしれません!しかし、限界まで勉強した、そして、感動に涙した、合宿は、日数や形こそ時代に合わせて変化してきましたが、教学院の熱い指導理念とその精神は今も生き続けています。

近くに来られた折には是非立ち寄ってもらえればと思っています。大東市、交野市、枚方市、奈良市、門真市、寝屋川市、東大阪市、四條畷市、大阪市の卒業生の皆さんお元気でお過ごしの事と思います。是非地域の皆さんに教学院をご紹介案内をしてもらえますよう心から御願い致します。さらなる教学院の発展にどうかお力をお貸しください。宜しくお願い致します。

# by kitt-806 | 2019-04-04 21:25

広告

広告
c0039857_21151503.jpg
2019年新学期スタート!!受験準備は教学院にお任せください。創立48年目の老舗の進学塾教学院は、伝統に裏付けされた確かな指導ノウハウで理想の受験準備を実現致します。大東市と交野市地域1番塾として、永きに渡り地域の皆様に愛されてきました。教学院を今年度もどうぞ宜しくお願い致します。
学院長 北川敦雄

# by kitt-806 | 2019-04-04 21:15
〈その18〉〜受験生間違い直しノート〜
c0039857_18223806.jpg
納得のいくまで考える。自分が本当に理解できたかどうかをノートに解き方を自力でまとめる事で確認する。わかったつもりではダメな事を受験生は知らなければならない。本当にわかる。本当に自力で解けることを確認しておきたい。これが大切!!!

# by kitt-806 | 2019-02-20 18:21

c0039857_09090331.jpg
これは、ある受験生の問題集です。それぞれの入試問題について解答を導くだけではなく、解答を求めるプロセスで生じた疑問点や新しい発見についても掘り下げて理解し、解決していこうとしている姿が伝わってきます。

これは、正に勉強の原点で、何故そうなるのかを徹底的に探求して解明したいという強い欲求によるものだと感じます。

たぶんこの受験生も、はじめは志望校への合格を実現するための、ある意味打算的な傾向と対策から日々の勉強が成り立っていたのかもしれません。しかし、色んな問題に取り組むうちにもっと知りたい、もっと深く理解したいという思いが強くなったのではと想像します。

受験勉強は、ややもすると無味乾燥な義務的な勉強になりがちな一面を持っています。それが、受験生と周りの環境によっては、受験勉強をきっかけに勉強の本質を発見できる事になります。又、一度この勉強の本質を知った学生は、将来に素晴らしい絶大な社会貢献を実現できる社会人に成長されるのだろうと想像します。実に楽しみです。

# by kitt-806 | 2019-02-07 09:08
〈その16〉〜大東校2019年新カリキュラム〜

間も無く2019年新学期新学年授業がスタートします。新しい指導システムも導入して、時間割が大きく変わります!(詳しくは、既に配布してます新年度パンフレットをご確認下さい。)


【主な改定内容と特色】

◇小学低学年コース→アドバンスコース

月曜日と木曜日の5:10〜6:35から週1回または週2回を選択してもらえます。指導科目指導方法の変更は有りません。

◇小学4年生本科コース

少人数グループ指導の形式で週2回月曜日と木曜日5:10〜6:35の授業。単科受講も可能になりました。

◇小学5年生本科コース

週二回水曜日と金曜日5:10〜6:35。単科受講も可。

◇小学5年生受験コース

週二回本科コース授業と個別ゼミの併用での指導。

◇小学6年生本科コース

週二回火曜日と土曜日5:10〜6:35。単科受講。

◇小学6年生受験コース

週二回月曜日5:10〜6:35と土曜日3:30〜4:55受験国語と受験算数、土曜日5:10〜6:35の強化演習と個別ゼミとの併用での指導

◇中学1年生本科コース

週一回水曜日7:10〜9:50英語・数学・理科と個別ゼミ1講座(希望で個別ゼミ2講座)のハイブリッド指導。

◇中学2年生本科コース

週一回金曜日7:10〜9:50英語・数学・理科と個別ゼミ1講座(希望で個別ゼミ2講座)のハイブリッド指導。

◇中学3年生本科コース

週三回火曜日、木曜日、土曜日7:10〜9:50で国語・数学・英語・理科・社会


http://kyogakuin.com

から新年度案内パンフレットを参照又はダウンロードしてもらえます。


# by kitt-806 | 2019-02-02 21:16
教学院大東校では、平成31年の3月の新学年授業より中学1・2年生を対象に新しい指導システムの導入を予定しています。

新しい指導システムでは、通常の集団授業に個別ゼミによる個別指導をプラスして、より生徒の皆さんの学力事情に合わせた指導を実現できるようになります。集団授業の良さと個別指導の両方の良さを合わせた正にハイブリッドな指導となり、その学習成果を大いに期待して頂けるものとなってます。

集団授業により新単元の教授を受けてもらいます。その中でベテランの先生から学習ペースや勉強のやり方も一緒に含めた指導を行います。そして、集団授業ならではの良い意味での競争を踏まえた学習への取り組みを実践してもらえると考えています。集団授業でしっかりと足元を確認してもらいながら、個別指導により個々の習得状況にあった学習指導を実行します。

個別指導の具体的指導は、個々の抱える弱点分野の補強や必要な課題への指導、又、確認試験実施後のフォローを効果的に進めて行けるものになります。

集団授業担当教師と個別指導担当講師がその学習内容と指導内容を共有し、確かな連携を持っての指導形態が今回の新指導システムの要となります。この指導内容の共有と連携こそがより効果的な指導を実現し確実な成績アップを実現出来ると考えています。

平成31年の新指導システムの導入について大いにご期待して頂きたいと思います。

# by kitt-806 | 2019-01-09 11:55
c0039857_12260423.gif
特別講習会がスタートしました。本日より年末大晦日まで毎日8時間を超える集中特訓講習会です。受験生の皆さんには実戦力を身につけてもらうべく効果の上がる講習会にしてもらえると期待しています。

入試実戦予想試験→個別演習と質問→予想試験の解説授業の流れで4日間連続の集中講習会になります。




# by kitt-806 | 2018-12-28 12:24
〈その13〉入試予想問題をやる
この冬休み、なんといっても受験生にとって大切なのは実戦力を養う事です。

実戦力とは、「問題を解くための時間の配分を考える力」「工夫を持って、より簡単に計算する方法や効率よく解答する方法を考える力」と言えます。

即ち、徹底的に、良い意味で超打算的な思惑と判断で最も得点力をあげる為の訓練をやるべき時を迎えたと言えるのです。

疑問点を解決したり、思考を重ねて学習内容を掘り下げていく、本来の本当の勉強とは残念ながら程遠い、試験に合格するためだけの超打算的な勉強への取り組みが、どうしても必要である時期がある事をわかってもらいたいと思います。
c0039857_21082704.jpg


# by kitt-806 | 2018-12-26 20:53