教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

進学塾のあるべき姿

世の中の多くの進学塾は、難関と呼ばれる有名高校への合格実績こそが最大のコマーシャルポイントであるように思われますが、本当にそれで良いのでしょうか?

進学塾が社会に弊害を作り出す背景は、その塾に入りさえすれば、有名難関校に合格できるという勘違いから生まれます。それは、明らかに塾の指導レベルと指導スピードにあっていない生徒に対して生まれる、取り返しのつかない弊害です。取り返しのつかない弊害とは、無理な合わない指導を受ける時に、生徒自身に生まれるストレスや劣等感から、心身に深い傷を負わせてしまうことにあります。端に指導レベルと方法、そしてスピードがあっていないだけの事なのに、ついていけないのは、生徒本人がダメだからとなってしまう所がさらに残酷です。これは、場合によっては、子供にとって、一生の心の傷になります。

多くの進学塾は、子供が持つ当たり前の向上心や知識欲を早くに潰してしまう取り返しのつかない罪を平気で犯してしまう一面を持っている事を、もっと世間は、知るべきです。

成績上位の生徒だけが受験指導を受けて、世間で言うところの難関校に合格していく、そして、それを塾の指導実績として、何々高校何人合格と、営業広告に利用していくなどは、もう、断じて許されない事と思うのです。

今、進学塾に求められるのは、生徒個人のそれぞれの能力にあった指導が丁寧に実践され、志を持って入塾して来た全ての生徒を大切に最後まで受験指導出来る事です。家庭との連携をしっかりとり、子供の人格を育む事を大切に考え、生徒個人の持つ可能性を最大限に伸ばす事を一番の目標に親身に進学指導が出来る塾が本物の進学塾なんです。当たり前の事ですが、塾は教育の現場であって、受験屋ではないのです。
by kitt-806 | 2016-09-24 08:24
c0039857_21334228.jpg

受験生の皆さんにとっての秋以降の模擬試験の結果は、気持ちを元気にしたり、又、逆に元気を奪ってしまうものにもなったりと、場合によってはとても厄介なものです。

まずわかって欲しい事は、たかが一回の限定された出題範囲での志望校に対する合格判定結果にどれほどの信憑性もしくわ説得力があるかという事です。ですので、極端に結果に過剰に反応する事は全くもって意味の無い事であることをご理解頂きたいと思います。

それよりも、例えば普段ならもう少し得点があるはずの科目で極端に点数が取れていない場合は、得点できなかった原因を、明らかにする事が大切です。苦手分野の発見、時間配分の失敗等、次に生かせる原因究明と解決策を探し出す事をしなければなりません!

又、いつも結果が低迷する科目に対しては、特別な継続的な対策勉強が必要ですから、具体的に何をどのように勉強していくか、更には最も効果的な方法と教材について専門の先生に相談して指導を仰ぐ必要があると思います。苦手科目はいつも後回しは、もう通用しません!

日々の受験勉強を大切にして下さい。そして、決して諦めないで下さい。教学院を最大限利用して下さい。何かして欲しい事があれば遠慮なく相談リクエストしてください!教学院は、受験生の皆さんをこれからも全力でサポートして行きます!塾生の皆さん自分の夢の実現に向けて全力で進んで行きましょう!!

by kitt-806 | 2016-09-16 20:59
c0039857_21464400.jpg

正規の授業枠とは別に、週一回又は二回「個別強化補習」の時間枠が設けられています。生徒の皆さん各人の事情に合わせて、個別に指導を受ける事ができるのが「個別強化補習」の時間枠なのです!

普段の授業内でわからないところを質問する、再試験をうける、自主勉強をやり必要部分を質問する、担当教師から指名されて補習をうける、欠席した日の授業内容を教わる、宿題をやる等、各塾生の事情でこの「個別強化補習」の時間が最大限活用されます。

集団授業+個別指導のハイブリッドな指導形態が教学院の指導のやり方です。塾生ひとりひとりをしっかり面倒みます。置いてきぼりの生徒はひとりもいません。

教学院は「難しい、厳しい」というイメージが昔から有るかもしれません。それは、塾生の事情に合わせて妥協の無い徹底した指導をいつも目指しているから。やらなければならない学習内容をなんとしてでもやってもらうノウハウが有る塾だからかもしれません!

正しい学習スタイルを身につけてもらうため、正しい考え方で勉強してもらえるよう、これからも全力で指導して行きます!伝統の教育理念『行額ニ道』を実践します。

【教学院精神】

行学ニ道に励み候べし

行と学は鳥の双翼の如く 車の両輪の如し

礼を尊び 和の精神に立脚して

学業に専念することこそ

人格完成の道なり
by kitt-806 | 2016-09-09 21:20