教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

受験高校決定に向けて

いよいよ、受験高校決定の時期を間も無く迎えます。決定に向けての考え方、留意点について説明します。是非、参考にしてみて下さい。

先ずは第一志望の高校を絞り込む事です。これが決まらなければ、例えば併願の私学も、又は、ダメだった時の次の手立ても何も決める事ができません。当たり前のようですが第1番に考えなければならないのは、あなたはどこの高校に行くつもりなのかという事です。

①第一志望が公立高校普通科の場合
→併願の私学は、志望する公立高校に見合ったレベルの私立高校を考えるべきです。ただ、何も危険な受験を併願高校でする必要も意味も無いので、目指すのはレベルの高いコースとしても回し合格ではまず不合格にはならないだろう出来るなら安全な受験先を考えるべきと思います。第一志望の公立高校がかなり際どい受験になる事が予想される時は、実際に入学する私立高校になる可能性もあるわけですから、もしも入学する事になっても納得のいく私立高校を受験するべきと思います。

年内では、第一志望の公立高校は受験の方針の決定で構いません!実際に受験校を決定するのは、私立高校受験の後で結果がわかってから最終決定して下さい。その時には、担任の先生の合格可能性についての話は、かなり重いものになってます。なぜなら内申点が出揃っているところに校長会の横のつながりで、どの高校にどれくらいの受験生が集まっているかなどの情報がある程度把握された状況での判断の言葉だからです。

②第一志望が公立工業、商業、高専の場合
→併願の私学を工業や商業で受験する事を考える必要は有りません。だいたい私立に工業科や商業科の高校は、ほとんど有りません。普通科で併願する事になります。

③第一志望が私立高校の場合
→専願受験になります。際どい受験になりそうな時は、もしも失敗してもやっぱり私立高校に行きたいのか、それとも公立受験に切り替えるのかは、前もって考えておく方が良いと思います。失敗してもやっぱり私立高校に行きたいと思う場合は、1.5次入試をする私立高校から第二志望として受験することを考えておくと良いと思います。また!公立受験に切り替える場合、併願の1.5次入試を受けるべきと思います。

私立高校の併願はせず、公立一本で受験するという考え方には、賛成できません。何故なら、万に1つの可能性かもしれませんが、公立受験の当日に風邪やインフルエンザにかかったり、又は、不可抗力による事故が起こるかもしれないということ。

又、公立一本の受験は、後が無い一発勝負という、とてつも無いプレッシャーを感じての受験になった場合、過度な緊張から普段の実力が発揮できなくなってしまうかもしれません。先に私立高校の受験で一度入試を経験しておく事は、この緊張を緩和してくれるものとなります。また、合格結果のコースレベルから現状の実力診断も出来て本命の公立受験のごうかくかのうせいを占う事も出来るのはとても意味のある事だと思います。

by kitt-806 | 2015-10-28 17:50
受験生諸君の正念場は、「正に今!」と言えます。11月上旬からの学校実力試験と11月末から実施される期末テスト、そして、次回五ッ木模擬試験、大阪進研V模試と大切な試験が目白押しの時期になってます。

そんな中にあって、手持ちの入試問題集への毎日の取り組みが最も白熱しなければならない時とも言えるのですが、受験生の皆さんには、毎日の勉強を充実したものに出来ているでしょうか?

正に今しかないという最も大切な時期となります。実力の養成に向けて一問でも多くの入試問題に取り組んで問題を解く力を身に付けていって欲しいと思います。

12月になりますといよいよ私立高校の受験先を決定する時期を迎えます。特に公立高校志望の皆さんはにも併願私立高校の受験は大切なものになります。理由は、本命入試の事前練習体験、あくまで第二志望の高校となりますが、万が一の事に備えて、先に1つ高校を押さえておく事で安心して本命の公立高校受験に臨めます。

公立1本の後がないプレッシャーは、その精神的負担が大きすぎるので、過度な緊張感から失敗するリスクも大きくなる心配があります。

by kitt-806 | 2015-10-26 10:15

テスト返却後の取り組み

返却された答案用紙は、正に学習現状の自己診断結果です。診断結果とは、例えるならば病院の検査結果のようなものですから、結果内容に対して詳しい分析を行い、せっかくの検査結果をその治療に役立てなければなりません。

場合によっては重大な疾患が発覚して、周囲も本人も悲嘆にくれて塞ぎ込んでしまう事もあるかもしれませが、気持ちを立て直し、前向きにその治療に臨んでいける事が大切なのは言うまでもありません。周囲は間違っても悪い検査結果で患者本人を責めたり追い詰めるという事は無いように気をつけなければまなりません。何故なら繰り返しますが、これから気持ちを立て直し、前向きに治療に臨んでいく努力をしていかなければならないところ、気力が失せてしまったのでは元も子も無くなってしまうからです。

客観的な視点での正しい分析、具体的には間違いの原因の究明と解き方の理解、そして、平均点や前回試験結果との比較等をメンタルケアも含め、出来れば専門家を交えてとり行ない、より正しい、より効果的な処方箋を作成出来る事が大切な事になると思います。

反省無きところに改善も向上も有りませんが、反省が次に向けての改善と向上に繋がる為には、本人の向上心と気力、明るい展望が必要になります。周囲は、この点を大切に考えなければなりません。


by kitt-806 | 2015-10-21 08:45 |

学校教育が抱える問題

学校教育、とりわけ公立中学校における学習指導は、生徒の持つ個個の能力差を無視した画一的な指導に大きな問題があると思います。それは、差別と区別が混同されているようにも思います。授業は能力の高い生徒には退屈なものになっていますし、もっと基礎学力を鍛える必要がある生徒にとっては難解な授業になってしまっているのではと思います。まさに、間違った平等意識が生む不平等であると思います。全員に同じ学習課題が出されているのもどうも納得いきません!時間がかかる生徒には完成させる事は物理的に無理な問題量又は問題レベルである事を担当教師はたぶんご存知であろうと予想します。

日頃の試験結果を生徒集団のレベル分布への分析にしっかりと反映させ、能力別に指導の対象を区別して、出来る限り個個に適切な指導レベルでの学習指導が展開できる枠組みを作っていかなければならないのではと強く思うのであります。

そうしなければ、生徒個個の学力向上の可能性を3年間で潰してしまう事になってしまうと危惧いたします。生徒個人は、不運にもその中学校で3年間を過ごした結果、本来なら実現したはずの学力向上の可能性が潰されてしまっていたとしたら、いったい誰が責任を取るのでしょうか?一派絡げのお茶を濁したような学習指導を公立中学校ではいつまで続けていくつもりなのでしょう?


by kitt-806 | 2015-10-14 09:48 |

受験生必見

受験生の皆さん!受験勉強は、順調に進められているでしょうか?今日は人の持つ器についてお話しします。少し意味合いは違うかもしれませんが度量の大きさ、または、許容量の大きさとでも言いましょうか。

こんな事がありました。ある日、塾に塾生から電話がかかって来ました。「先生、明日実力試験が有るので、今日は塾休みます!」この言葉から思いますのは、この塾生の器の小ささ、許容量の無さであります。極端な場合によっては、土曜日が塾の模試、次の日曜日が五ツ木、さらに月曜日が学校の実力試験という場合もあるのです。とてもじゃ無いけどこのご本人には無理なケースとなりますよね!

実は、この器の大きさの程度が受験先の高校のレベルを決めてしまうと言っても過言ではありません。普段から不平不満を言う事が多い人はそれだけ度量の小さい人という事になりますから、特に上位の高校をねらうことは難しい事になってしまうという事です。

また、器の大きさを大きいまま維持していくためには、スケジュール管理と調整する力、また、効果性を上げるための工夫として、具体的には、そうするよりはこうした方が効率が良い、と、いう考え方も大切になるのです。

短時間に用事を済ませる段取りと方法を考え実践するのと似ています。それをするんだったらついでにこれもやれるからやっとこう的な発想です。限られた時間ですから、受験生にとっての効果性と効率の良さの追求は、どうしても必要になります。より効果性の高い、効率の良い方法を常に考え意識する事が出来るようにして下さい。



by kitt-806 | 2015-10-10 15:06

LINE@の活用ご案内

教学院のLINE@も開設させて頂き、早いものでふた月が経とうとしています。お蔭様でフォロワーの皆様も90名を越え、心から感謝申し上げます。

更に便利にご活用頂ければと思い、教学院のLINE@のご説明をさせて頂きたいと思います。Q&Aの形式でご説明しますので、ご確認下さい。

Q.友達追加する事で自分のタイムラインを公開する事にはなりませんか?

A.なりません。LINE@は、公式アカウントによる企業向けのLINEです。あくまで、お店(教学院)からの情報提供をユーザーの皆さんが受けるアイテムとなります。

Q.LINE@のトークは、他の人にトーク内容が見られる事にはなりませんか?

A.なりません。トークはいつも教学院との1対1の対話となります。他の人が会話の内容を見ることは出来ません。安心して、ご質問や相談をして頂けます。

教学院のLINE@では、ホームに出来る限りタイムリーな話題やお知らせをアップさせてもらい、教学院の予定、配布物、提出物、行事の実施報告、各種ご案内等の情報を入手してもらえるようになっています。

又、トークをご利用頂き、補習予約、欠席届けを出して頂いたり、ご質問やご相談をして頂く事もできます。是非、LINE@に友達追加して頂き、ご活用頂ければと思います。



by kitt-806 | 2015-10-08 09:36 |

塾最大活用術

1️⃣夕方学校から帰って直ぐ、夕食までの時間を塾で過ごす!主に宿題や提出課題を集中して完成させる。

2️⃣授業日以外の夜の時間帯を塾で過ごす!主に入試問題集やテスト勉強に取り組み、質問事項を質問する。

3️⃣弁当持ちで終日塾で過ごす。

※自習は、基本いつでも出来ますが、先生への質問もしたい、または、欠席の補習を受けたい場合は、下記の時間帯をできるだけ利用して下さい!

※利用開始スタート時間は、午後2時半。終了は、午後10時までの時間帯でお願いします。特別なリクエストがあれば10時以降何時まででも対応します。

※必ず電話予約を、取って下さい。

※塾の利用が終了して帰宅する際には、必ず塾から自宅へ電話連絡を入れて帰ってもらいます。連絡なく帰宅が遅くなる事は絶対にありません。ご家庭で、帰りの予定時間等のお問い合わせは遠慮なく電話にてして下さい。

授業日の居残りも同様です。必ずご家庭に連絡して残します。又、帰りは必ず教学院から帰宅の連絡をしてから塾を出すようにしています。連絡なしで帰りがいつもより遅い時は遠慮なくお問い合わせ下さい。

※開始時間帯は、午後2時半以降でお願いします。

月曜日→昼から夕方6時くらいまで、夜は7時半から終わりまで、

火曜日→夕方6時半頃から8時まで

水曜日→昼から終日OK

木曜日→夜7時くらいから終わりまで

金曜日→夕方6時半ごろから8時まで

土曜日→午後から終日OK

8時以降からの開始の塾利用は、やめてください!来られても短時間の対応になってしまい、効率が悪いです。


by kitt-806 | 2015-10-06 09:22 |

ノートの取り方

授業中の心得

授業の受け方として、その理想の姿は、先生の説明をしっかり聞く、板書をノートに写す、問題を考える、の3つの時間に集約されます。

大切なのは、それぞれの時間が適切なタイミングに適切に実践されているかという事なんですが、先生が説明している時にノートを写したりとそのタイミングがズレるととてもマズイ事になります。

結果的には説明を聞かずにノートを書く事になるとそれこそ本末転倒、本来のノートの意味が無くなってしまう事になります。すなわち意味不明な内容をノートに書いた事になり、後に役立つものにはならない訳です。

元来ノートとは何でしょう?先生の説明を聞いて全てが頭に記憶されるならばノートなど必要の無い物で、全てを記憶できないので、ノートに控えておいて、必要な時に内容を見返して、後々に役立てるための物でなければなりません。

よって、説明を聞いて、その場で内容を理解する事が第一優先であって、ノートを書く事はあくまでそれを補助するための作業であるべきなのです。更に、せっかく説明内容を控えた物で有るのに、それが後で役に立てられないとなれば、何のためのノートなのかという事になります。

バカ丁寧なノート必要ありません!説明が聞けないようなノートの取り方は論外です。先生の顔と目をしっかりと見て、集中してその説明を聞いて下さい!その合間で上手にノートをとって下さい!そして、せっかく控えたノートの内容はしっかり後で役立てて下さい!!
by kitt-806 | 2015-10-03 09:59 |