教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0039857_18244679.jpg教学院では学校定期試験実施前の土曜日又は日曜日に「定期試験対策勉強会」を実施します。午前10時開始午後4時までの長時間勉強会です。そんな中唯一の「ほっとする」休憩時間お昼休みを本日は特集します。愛情のこもったお弁当からは、塾生の皆さんを応援する保護者の皆様の声が、聞こえてきそうです。
c0039857_1829694.jpg
教学院では、平生予習授業を展開していますが定期試験前にはこれまでの予習授業を一旦ストップして復習テスト対策授業に切り替わります。教科書準拠問題集を使い徹底して定期試験対策に取り組みます。c0039857_18321789.jpgc0039857_18335065.jpg又、前回のテスト結果より指名補習を実行しています。得点アップを目指すべき科目に重点をおいて、授業日とは別に個別指導を受けに特別補習に来てもらっています。
by kitt-806 | 2009-06-28 18:32
直向きに、正直に、そして素直な気持ちで、感謝の気持ちを持って日々の学習に取り組む。受験生の正しい学習スタイルの根本はここにあります。打算の無い、直向きな向上心こそが受験準備の本道である事を思い知らなければなりません。体裁を気にした見せかけだけの受験勉強は偽りの勉強であり、本当に将来に役立つものには、成り得ません。

高いレベルで難易度の高い高校入試を制することだけが素晴らしい事ではなく、受験生本人は努力と苦悩することを惜しまず、又受験生本人に対して周囲の関わる全ての大人と友人に支えられている事への感謝の気持ちに立ち、自分の至らないところへの素直な自己反省と謙虚な学習姿勢を日頃の学習への取り組みにおいて常に意識実践していける事だけが、受験準備を正しく進めていく上で大事であると言える事を分かってください。。

受験生自身が、以前の自分よりも今の自分、今の自分よりも次の自分へと向上していく事だけを目指していく。誰と比べてどうだとか、今の偏差値や学校成績では、◎△高校に合格することはとうてい出来ないとか言う話は正直どうでも良い話で、受験生本人が日々最後まであきらめないで自分のレベルアップを目指し続けることが大切なのであります。

模擬試験結果に躍らされ、時に慢心して天狗になったり、又逆に自信を無くして元気が無くなったり、心無い受験生への言葉で受験生本人を落ち込ませたりという事は、本当にあってはいけないことであります。受験生本人は、たとえその時の成績結果が最悪な物であったとしても、そうなった原因を正直に謙虚に分析し、そして反省して、次に向けて諦めず、粘り強く、そして元気に勉強していくことが、目標へ近づいていける根拠であると思うのです。

そんなに焦らないでください。一回の成績結果について油断したり、やっても同じと諦めたりしないでください。
最後の最後までわからないのです。早く楽になりたいという気持ち、又早く△◎高校なら大丈夫と言ってもらいたい。そうなりがちな受験生の皆さんの気持ちも分からないではありません。しかし、最後まで合否についての確実な予想はできないのです。合否の可能性をいくら考えても可能性の域を超えることはできないのです。

どうか受験生のみなさん、何かにつけて「自分は悪くない他が悪い」とか何かにつけて「不満を言う」とか、「体裁で、やっていない物をやっています。」とか言わないでください。もし失敗したら素直に反省しましょう。そして、例えば「時間が上手に使えない」とか「計画性が無い」とか「忍耐強く練習が実行できない」とか「人のアドバイスを素直に聞けない」とか、「あきらめが早い」とか「言うばっかりで実行が伴わない」とか「整理整頓が下手」とか「集中力がなく飽きっぽい」などという自分の弱点欠点をしっかりと見つめ直し、改善していく努力をしていきましょう。

自分の夢は、実現を思い続ければ必ずや叶います。叶わないときは、途中で諦めてしまうときです。諦めなければ夢は必ず叶う物なのであります。
by kitt-806 | 2009-06-28 17:37