教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 いよいよ教学院では、新学年授業が開始されました。今回は新しいスタートに向けて「成果の上がる学習姿勢と方法」について特集致します。是非保護者の皆さんと一緒に生徒の皆さんも内容を確認してもらい、これからの学習に生かしていって下さい。

■必要な学習姿勢と心構えについて ─────────────────────────── 

「しっかり聞く」-先生からの話をしっかり聞く事は、成果をあげる上での第一条件です。聞けなければ間違ったやり方になったり、実行しなければ成らない事が実行できない事になります。

「まねをする事の大切さ」-担当の先生から教わった学習内容についてはその考え方、解き方、計算の仕方、ノートの書き方等をできる限り先生のまねをする事が大切です。(まねをする)という言葉は悪い意味で使う場合が多いと思いますが、こと勉強に対しては別です。徹底的にまねをする事に心掛けましょう。

「少し早めの準備」-宿題課題、テスト勉強、再テスト受験、補習等についてはできる限り少し早めの準備が大切です。ぎりぎりまで放っておく事は、慌てて大雑把な学習を進めることに成りやすいので効果は半減します。

「辛抱強い勉強」-我慢する事は誰もが苦手とするところですが、学習を進める上でどうしても必要なのが我慢強さです。我慢強く忍耐を持って大切な学習に取り組める力がどのあたりまであるかは学習成果に大きく影響します。

「ありがとうの気持ち」-有り難うという気持ちで勉強することは、素直な学習姿勢をつくります。素直な学習姿勢は、アドバイスや学習指導を効率よく吸収できるものにします。自分の都合が優先されると、この効率は極端に低下します。例えば、再テスト補習に呼ばれた時は「ありがとう」の気持ちでしっかりと参加実践していきましょう。

■具体的学習の方法 ───────────────────────────────────

「先生からの学習指示を徹底して実践する」-指示された学習を必ず実行することは当たり前ですが、指示通りの方法でその学習内容(宿題課題、テスト勉強など)を実行する事がさらに大切です。自分勝手な解釈ややり方では効果が半減します。

「授業中の正しい時間の使い方」-a,先生の話を聞くこと、b,板書をノートに写すこと、c,問題を考えることが授業中の時間として使われる全ての内容です。それ以外の時間は授業中にあってはならないのです。又、適切なタイミングに適切な実践が必要になります。タイミングがずれると、話を聞くべき時間に、ノートをとっていて話が聞けなかったりと不都合が起こります。

「繰り返しの勉強を大切にする」-実力の定着を図るには、同じ学習内容に触れて繰り返し練習する事が効果的です。理解しているだけでは、テストの得点力には充分ではありません。如何にスピーディーに正確に解答できるかの能力が必要です。それには知識を常識に変えられる繰り返しての練習訓練が必要に成ります。

「宿題のやり方」-宿題は時間をかけて丁寧にやることに心掛けることが大切です。わからない時に家の人に聞いて無理矢理解答しようとする場合がありますが、親御さんからの学習指導はつい感情的に成りますし、本当は分かっていないのに分かったようにご本人が勘違いされる場合が多いと思います。宿題はどこが分からないのかについて自分自身が把握することが大切です。どこが分からないのかをはっきりさせてくることが宿題をやる目的です。そして、分からなかった内容を解決する事を目的に次の授業に参加していく気持ちを持ってもらうことが大事になります。

「テストのやり直し」-返却された試験類は必ずまちがった問題のやり直しを実行する事が大切です。

「家庭学習の中身」-宿題課題、テスト勉強、返却されたテストのやり直し、中3生は復習問題集。以上です。それ以外の独自の勉強は、先の内容が完璧にこなせている場合に実践してください。
by kitt-806 | 2009-03-13 16:25
c0039857_18334554.jpg平成20年度生中学3年生の卒業式が行われました。年間の表彰式と担当教師からの「はなむけのお話」竹ノ内先生からは自分の居場所について、居場所があることの幸せと大切な居場所を努力で自分のものにすることについてお話がありました。また北川先生からは、誰にも得手不得手がありますが、不得手なことに対しても直向きに前向きに取り組んでいる姿は人に感動を与えるという話をしてもらいました。塾生の皆さんには、高校に行っても教学院の「行学二道」の精神を大切にきっとがんばってもらえるものと思っています。
c0039857_18422257.jpg
そして全員でジュースで乾杯をして、教学院合宿ソング「See You Again」を全員合唱しました。c0039857_18443640.jpg
c0039857_18464863.jpg
c0039857_1847466.jpg
by kitt-806 | 2009-03-01 18:47