教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最近の高校入試事情

 c0039857_10131074.jpg最近の高校入試事情については、その受験先の決定に際して考え方が変わってきたように感じます。公立高校については、ご存じの通り先の学区の再編以降、受験先高校の選択肢が増えたことにより、より受験生自身が自分にあった入学先の高校を見つけていけるようになったと感じます。

 即ち画一的に内申点と実力偏差から、成績上位者の皆さんが四条畷・寝屋川へという流れは一昔前の話になったように思うのです。これは、私立高校における特色ある様々なコースの設置もその考えを後押ししています。

 昨年の進路指導において、「君の成績であればあと一がんばりで寝屋川高校の受験も可能になるね。」と進学懇談で話すると「私は、寝屋川はいきません。市立理数科を考えています。」という返事だった事を思い出します。

 同じ普通科公立高校であってもそのカリキュラムは異なり、専門学科ともなれば、その学習内容と目的も様々に受講選択できるという形態に変化してきたということです。よって受験先高校は、受験生にとって、自分にあった自分のやりたいことだけを選べる時代になったことを感じざるを得ません。

 併願の私立高校について一つの高校に受験者が集まることはあっても、一つの公立高校に受験者は集まらず、受験先の高校がばらける傾向にあるように思います。
by kitt-806 | 2008-04-19 12:47