教学院本部 大東市三箇三丁目1-39 (TEL 072-875-5968)


by kitt-806
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

新中学3年生の皆さん、受験準備勉強は進んでいますか?やらなければと思う気持ちはあっても何をいつからどのように進めていくかということを考えている内にどんど゜ん日数が過ぎてしまっている皆さんが多いのではないでしょうか。今回は効果的な受験準備について特集します。大阪の高校入試はなんと言っても実力強化が重要です。私立入試は学校成績を合否判定に持ち込まない学校がほとんどです。又、私立高校合格の実績をもって志望の公立高校受験が実現します。すなわち受験準備は、実力の養成にまず力を注がなくてはなりません。受験準備の段取りは次の通りです。
 ①~6月までに中学1,2年内容の復習勉強の完成
  →復習問題集を使用し、1,2年内容の問題集の全ての問題を解いて解けない問題をしっかりやり直ししていく。
 ②7月~12月までにH18年度版「入試問題集」を完成
  →昨年度入試問題を反映した入試問題集を使用し、まずは基本問題から解いていく。徹底した間違い直しを実行する
 ③12月~本番までは、②と並行して受験高校の過去問題集をやる
  →過去問は、あくまで問題の傾向と配列の把握と時間配分を実践的に習するのが目的。解けない問題の解決に固執する事は必要ありません

2年生から3年生夏までは、受験生になったからと言って毎日の生活リズムはそう変わるものではありません。よりまして上記受験勉強を実行するためには、意識して今まで勉強にあてなかった時間を特別に設定しなければ、上記受験勉強の開始は実現困難であります。今はできていないが、いずれやるから、やればできると考えている皆さんは、開始が遅くなれば、時間切れでやれることに限界が生じ、やってもできない時が来ると言うことを肝に銘じてほしいと思います。理想的な受験勉強の実現の第一条件は、早めに取りかかる事です。
by kitt-806 | 2005-04-03 12:32 |